ご自身の旦那さんが浮気をしていたと聞いたら、誰でもショックでパニックんですね。ましてや、その浮気相手が妊娠してしまっては聞かされたら、現実から逃げ出したい気分ものです。人生には色々な困難が付き物でしょうが、こんな困難はできる事なら避けて通りたいとされているのです。でも、浮気するという事は相手の女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)を妊娠させると言う可能性もある訳ですから、残念な事ですがこういった例は多いのではないかと思います。では、旦那さんから浮気相手の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が妊娠したと聞いたら、まず最初に何をすれねいいんでしょうか?当然、ショックで何も手に付かないと言うのが本音(匿名だと赤裸々すぎる意見が飛び交うことも多いです)です。まず、如何に妻であったとしても、相手の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に宿っているのは大切な命ですので、堕胎を要求することはできません。なので、産むかどうかは、浮気相手の女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)の判断にまかせるしかないでしょう。これから先、長い問題となってきますので、旦那さんと相手女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)と三人での話し合いの場を必ず持たなけれねいけないわけですが、浮気相手になんて会いたくないそうです。ましてや、旦那さんから離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)を迫られている場合は、ひとりだけ何か惨めになりそうで、話し合いの場を持つ前に離婚してしまいと言われているんですね。それでも、けして負けないでみてください!いくら命を宿しているとは言っても、浮気相手はあなたから旦那さんを一時的でも寝とっているだと言えますね。結婚(豪華に式をあげたいという女性も多いですね。ウェディングプランナーという職業も人気です)生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)を続けていくにしても、別れるにしても、三人で話し合う場は必ず作っましょう。その時に、ICレコーダーを必ず持参した方がいいでしょう。小型のレコーダーも色々売られているので、持ち運びも容易にできますし、安い価格で売られているので、これだけは必ず持って行いましょう。旦那さんと結婚生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を継続していく場合は、相手女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に養育費(生活保護基準方式に基づいて算出されるようですが、子供一人あたり2万円から4万円くらいの金額であることが多いそうです)を払う義務が出てくるのです。こども一人育てていくには何かとお金がかかってくるので、ICレコーダーで録音した証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)を元に、相手女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)から慰謝料を貰うといいですね。一般的には、ICレコーダーに録音した物は、慰謝料を請求する証拠(疑わしきは?せずなんていいますが、誰がみても明らかとなるように証明するのは難しいことも多いでしょう)にはなりにくいとなるでしょう。でも、この場合には、浮気相手の人が妊娠していて、浮気が明らかですので証拠(最近は、鑑識や科学捜査をテーマにしたドラマも増えてきました)として扱ってもらえるそうですよー